「彼女、お借りします」を15巻まで読んでみた感想

 2020年の夏アニメとして放送中の「彼女、お借りします」なのだが、Amazonプライムのレビューは酷評が並んでる。あまり面白くないのかな?と思いつつ観たらめちゃくちゃ面白いし女の子は可愛い。アニメの放送回を飛び越すように単行本を買いまくったよ。そんで夜一人でニヤニヤしてるよ。寝る前に。

 漫画を読もうかどうか迷っている人のために、この作品の面白さと読み方を紹介するよ。

モテない、やる気ない、ダメ男の全てが詰まってる

 主人公はダメ男で自信がない木ノ下和也。散らかった部屋でだらしない生活、出来たばかりの彼女には1か月で振られてしまう。作品に登場する「レンタル彼女」は、可愛い女の子と恋人気分を味わうことができるサービスだが、和也は友達に”レンカノ”であるはずの水原千鶴を彼女として紹介してしまうという、目を覆いたくなるような展開。観てて悲しくなるよ。僕も1か月で振られたことあるから。

 でも、同じような境遇の大学生はごまんといるんじゃないかな。自分の何がダメなのか分からないけどモテない。せっかく彼女出来たけどすぐに別れてしまって打ちひしがれている。とにかく観ればみるほど共感できるし、自信がない自分と重なってくる。

 このダメ男な主人公を受け付けない人もいるらしく、Amazonのレビューではここを酷評している人がちらほら。いや、アニメをじっくり観る層ってだいたい悲しい青春を送ってるんじゃないの?と思うけど、この図星感が耐えられない人たちなのかも。この作品の見所の一つなので、これからという人はぜひ図星感を楽しんでほしい。

登場する女の子が可愛い

 もう書く必要がないと思うけど、それだと記事を書き始めた意味がなくなるので一応まとめてみる。もうね、出てくる女の子がみんな可愛い。そして、性格とか心の動き方は結構リアル。当然ストーリーはラブコメっぽいなんでもありな展開なんだけど、キャラクターの心情の描写はとてもリアルで、セリフとか仕草とかよく研究されてると思う。

水原千鶴

 レンタル彼女として仕事をする彼女。初めて会った日から和也はデレデレ。もうね、クラスのマドンナ的な雰囲気で、心遣いが出来てちゃんと目を見て話してくれる完璧な女性。男子から一番人気あるタイプの女子だからぁ!!

 ある夢のためにレンタル彼女をやっていて、夢については作中で明かされる。最新刊付近では夢について話が大きく展開して、彼女のひた向きで強がりな姿に応援せずにはいられなくなった。

 Amazonのレビューで面白かったのが「レンタル彼女とか、不誠実な仕事やってて推せない」というのがあって、オタクですら漫画・アニメにコンプライアンスを求める時代が到来したんだなぁと感慨深い気持ちになりました。そういうの気にせずに楽しむもんだろ、フィクションって!

七海麻美

 和也を1か月で振った女の子。男子の心を揺さぶるのが得意で、麻美ちゃんに未練がある和也は作中で散々転がされる。いるよね、人の注意を集めるのが得意で男子を手玉に取る小悪魔系女子。SNSの発信力は強力、思わせぶりな言葉と目つきで「俺のこと好きなのかな…」と勘違いする男子は続出ってタイプの女の子。僕も学生時代に「ライブ観たよ!ファンになっちゃった!」と声をかけられたことがあり、一緒に図書館で勉強したり隣県へライブを観に行ったりとデートを数回。2回目のライブは「一緒に観に行ける人いなくて…」と他の知り合いも同じライブを観にいくのにわざわざ僕を誘ってきた。

 これは、これはいける…!と思っていたけど、帰りの電車で友達から「あの女はやめとけ」と諭され急に冷静になった。我が救世主よ…。おかげで、帰り際に告白しようかと呼び止めたけど、なんとか踏み留まれたよ。勘違いするような長文LINEのやり取りとか送ってくるなよ!!

 急に悲しい過去の話になったけど、麻美ちゃんはとてもリアリティのあるキャラクターってことです。(真顔)

更科瑠夏

 元気一杯で思いついたら止まらない、暴走しがちな女の子。こういうコロコロ感情が変わっていく女の子って実はすごく魅力的だよね。男子もたじろぐような積極的なアプローチで和也に迫ってきます…羨ましい。

 和也と水原の間に入ってきては、度々かき回していく台風のような彼女。作品の良いアクセントになっているし、この子が本命でも良いんじゃないかと思ってしまうほど可愛い。

桜沢墨

 水原の紹介で知り合った墨ちゃん。レンタル彼女の仕事をしているのに、ほとんど会話が出来ないほど人見知りな女の子。こういう大学に子いたよ。めちゃくちゃ可愛いのに、人見知りで男子とあまり話さない。話しかけてもあまり反応がなくて、男子からするとちょっと不思議な存在。気になっちゃうんだよね、こういう子!!

 2回目の登場以降は少し人見知りが改善されてきて、一生懸命さになんだかほっこりする。スピンオフ「彼女、人見知りします」もぜひチェックしてほしい。

テンポよく展開する物語

 だらだらと同じような話が続かないので、サクサク読めてしかも続きが気になる。物語が重くなくてとても読みやすいのに、登場人物の気持ちに共感したりして引き込まれる展開で、15巻まであっという間に読んでしまった。書店の店員さんも、この人同じ時間帯に2巻ずつ買っていくなと思っていたに違いない。

 ラブコメとしても面白いし、ダメな自分を肯定したくなる、なんとも憎いストーリー…自分と重なる人は辛くなると書いたけど、そういう人ほど読み進めれば救われるような出来事もあっていやらしい。この作品が好きになってしまう。

 痛い自分に絆創膏を貼ってあげるような、そういう作品。出てくる女の子は可愛いし、自分はどうやってもダメダメだけど、なんか人のためになりたいっていう、夢見がちな人が救われるかも。

男性目線…

 ただし、全体的に男性目線で描かれている。これはもう仕方ない。男のロマンを詰め込んだ感じだから。僕にかの借りをオススメしてくれたのは女の子だったけどね。

まとめ

 とにかく女の子が可愛い!!ストーリーもいいよ!!

 僕は紙媒体が好きだから単行本を買ったけど、Rentaとかの電子書籍で読んでもいいかも。久しぶりに単行本を買い集めたら、漫画を紙で読むよさを再発見できた。デジタルは綺麗なんだけど、やっぱり漫画は紙がいいよね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました