カップルの同棲に費用はどれくらいかかるのか? 毎月の生活費はどのくらいか?

 好きな人との同棲はとても魅力的ですが、それにどのくらい費用がかかるのか気になりますよね。どちらがどのくらい負担するかという問題もあるのに、実際に引っ越してみないと見えない部分もあります。そこで、この記事では、どちらも引っ越しをする新しい環境で同棲生活を始めるまでにかかった費用をご紹介します。

家電はお金がかかる

 もし、どちらも引っ越しをして同棲をする際に一番お金がかかるのが家電です。絶対に外せない冷蔵庫、洗濯機、エアコンを揃えるだけでもお金がかかりますし、いざ生活しようとすると色んなものが欲しくなります。

我が家に置いてある基本的な家電の金額は以下の通りです。

  • 冷蔵庫 12万円(Panasonic)
  • 洗濯機 6~7万円(Panasonic)
  • エアコン 10万円(Panasonic)
  • テレビ 3万5千円(SHIRP)
  • 照明器具 1万円×3つ(東芝など)
  • 炊飯器 3万円(象印)
  • 電子レンジ 1万円(ヤマダ電機自社ブランド)

約40万円!!我が家は比較的お金をかけた方なので、削れるところはまだありますが、これに近い数字はかかると思っていて間違いありません。もし、もともと持っているものを利用できるなら、そちらがおすすめですが、引っ越しで運ぶのも結構労力とお金がかかるという現実もあります。

 冷蔵庫は、サイズを小さめに抑えるならもう少しやすくなりますが、自炊をするならやはり10万円前後で多少容量が大きいものを買った方が、容量に余裕があり冷却効率も上がります。

 エアコンは、やや大きめサイズを購入して、その1台で全部屋の温度を調節しています。鉄筋コンクリート造りのアパートはエアコンが効きやすいので、こういった使い方もできると思います。

次に、途中で買い足した家電をリストアップします。

  • Blu-rayレコーダー 6万円(Sony)
  • 衣類乾燥機 6~7万円(Panasonic)★
  • サーキュレーター 6千円(アイリスオーヤマ)
  • オーブントースター 6千円(象印)

 どれも贅沢品なので、なくても生活はできます。ただ、衣類乾燥機に関しては、梅雨や冬の乾きにくい時期に大活躍するので、お金に余裕があればぜひ持っておきたい家電です。パナソニックの乾燥機はちょっとお高いですが、梅雨でも冬でも使えるタイプなので、思い切ってパナソニック製のものを選ぶのもありです。

 サーキュレーターは、エアコン1台で過ごす我が家の夏を乗り切るのに大いに貢献した家電です。風の循環を作ってくれるので、想像しているより自然に涼しくなります。費用対効果の高い家電だと思います。

家具 実はそんなにたくさんいらない

 新生活に必要な家具をリストアップしてみました。

  • タンス 1万5千円〜5万円(我が家は再利用品)
  • 衣装ケース 5千円
  • テーブル(食卓) 3千円(再利用)
  • デスク(作業用の机) 6千円
  • ベッド一式  3万円〜10万円★
  • 棚類 数千円
  • 座椅子 5千円

 ベッドについてはピンからキリまでありますが、狭いところで二人眠ることに抵抗がなければとことん削って問題ないところです。我が家はクイーンサイズを10万円で購入しましたが、お互いに邪魔せずに眠れるのでお金をかけるだけの効果はあります。ここは価値観の問題です。

 タンスは、最近はクローゼットがついている部屋が多いので不要な場合もありますが、二人暮らしだと衣類も増えて容量的にギリギリかと思います。縦型の安い衣装ケースもあるので、そちらを検討するのもありです。

生活費 光熱費はどのくらいか?食費は増える?

 一緒に生活すると光熱費はどうなるのか、気になりますよね。我が家の光熱費はざっと以下の通りです。参考値ですが、節約等はさほど意識していない状態です。

  • 水道代 3千円〜5千円
  • 電気代 3千円〜6千円
  • ガス代 5千円〜8千円

季節によってまちまちですが、夏は電気代が、冬は電気とガスが高くなります。また、ガスは都市ガスかどうかによって金額が変わります。都市ガスの方が安いので、物件を探す際の一つの目安にもなります。

 食費は月に6万円〜7万円ほどかかっています。比較的自由に飲み食いしているので、削ろうと思えばもう少し削れるくらいの金額です。(それでも5万はかかると思います)

家を借りる際の費用はどのくらい?

 我が家は24万円かかりました!

 部屋を借りたらあとは家賃を払うだけだと思いがちですが、初期費用がかかります。敷金は2ヵ月分とか、家賃保証保険とか。あとは、不動産業者への仲介料も%で取られるので結構な支出になります。

 相手の家に転がり込むというのは、費用削減の面ではアリな選択肢です。結婚するつもりがあるなら、個人のスペースが確保できる部屋を探すのもおすすめです。

同棲にはお金がかかる

 お互いの環境を全く新しくしようとすると、相当なお金がかかります。また、引っ越しの段取りを考える労力を思うと慎重になってしまうのも事実。恋人と同棲について語り合うのも幸せな時間ですので、ぜひ楽しみながら新生活の準備を進めてほしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました